2010年04月20日

月の森に、カミよ眠れ:上橋菜穂子

月の森に、カミよ眠れ (偕成社文庫)
月の森に、カミよ眠れ (偕成社文庫)

上橋菜穂子さんのデビュー作のよう。物語も文章も荒っぽい感じで、読み進めるのに少し苦労した^^;

でもやっぱり面白い。稲作を中心とした文化が、狩猟・採集民族を呑み込んでいく様子はこうであったろうかと思わせる。“カミ”の存在の説明も印象深く、日本人が感じるカミやオニとは、こういうものであったかもしれないと思いました。

<掟>をいちど破ることは、崖からちょろちょろとふきだした湧水のようなもの。しだいにまわりをけずり、人にとっては考える気にもならぬほど長い時ののち、その水におのが身をけずられて、崖が崩れさる


この言葉が、とても重たい。人の愚かさを象徴しているようで、自分の愚かさを突きつけられるようで。
posted by ちー at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

『第9地区』

district9

どくだねで小倉智明が面白かったと絶賛していて、つい観る気に。これは面白かった!なにしろ南アフリカ・ヨハネスブルグが舞台の南ア映画で、登場する俳優さんは誰も知らなくて、おまけにエイリアンが登場する色モノ臭さ、怪しさ満点なのに、観始めたらグイグイ引き込まれてしまった、すごい。

難民として保護したエイリアンを、居住区の第9地区から住民と離れた第10地区に移送する計画が持ち上がり、その指揮をとることになったヴィカス(シャルト・コプリー)。計画の実行中にアクシデントに見舞われ、自身がエイリアン化して世界中から追われる立場に。平凡で小心者で、自分のことしか考えない小市民のヴィカスが、最後には英雄になっていく。

映画には脚本はなく、設定や物語を教えられて、アドリブで演技していく方法で撮影されたそう。この小市民ヴィカスを、シャルト・コプリーが見事に演じていて、彼と一緒に恐れ、怒り、悲しむという具合に感情移入させられていく。

よく戦隊モノで登場してくるようなキショいエイリアンは、はじめは「なんじゃこりゃ」なのだけれど、実は人間よりもはるかに優れた文明を持っていて、精神的にも無為に殺傷を行わないのか、大量の武器を持っていても人間に向けることをしない。なにしに地球にきたのかも謎だし、猫缶求めて暴れたりする彼らは醜悪なのだけど、それを排除しようとする人間はさらに醜悪な感じで、でもこれって、世界中で行われている“人の行い”そのものだなと感じて、いろいろなことを考えさせられます。必見です。
posted by ちー at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『しあわせの隠れ場所』

The Brind Side

サンドラ・ブロックが第82回アカデミー賞で主演女優賞を獲った作品。おどおどした表情の黒人青年が気になって、受賞前から観たかった映画だが、まさか実話に基づく話だったとは。

モデルとなったマイケル・オアーは現在も現役のNFLスター選手とのことで、映画の最後にはホンモノの彼と家族が登場していた。

元気で威勢のいい女性を好演したサンドラ・ブロックは、まさにハマリ役だと思う。テキパキと物事を決めていって、なんでも自分の思い通りにしてしまう。小気味良かった。ちょっと“お涙ちょうだい”系のシリアスな物語を想像していたけれど、ユーモアもあり楽しい映画でした。
posted by ちー at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。