2010年02月05日

虚空の旅人:上橋菜穂子

4101302758虚空の旅人 (新潮文庫)
新潮社 2008-07-29

by G-Tools


守り人シリーズの第4弾。2009年11月ごろ?に読了。守り人シリーズ最初の『精霊の守り人』でバルサに助けられた幼い皇太子・チャグムが成長し、隣国の祝い事の席に招かれて巻き込まれた事件を解決する物語。成長したチャグムがたくましく、惚れ惚れとします。舞台となる国が海辺の国で、小さな島々には海賊を生業とした人々が住み、生き生きとした明るい人々が登場して元気のいい物語。ゆるい縛りと経済的な利をもってひとつの国にまとまっているという、その国のあり方が面白いなと思います。このままRPGの原作にもできそうなお話。これもあっという間に読んでしまった。
posted by ちー at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。