2010年02月19日

『ずっとあなたを愛してる』

ずっとあなたを愛してる

何年かぶりフランス映画。自分の息子を殺して15年の刑期を終えたジュリエットが、妹家族に迎えられて立ち直っていく姿を描いた静かな作品です。妹役のエルザ・ジルベルスタインという女優さんがとっても可愛くてきれい。心に沁みる映画でした。

主人公のジュリエットは、やまれぬ理由から子どもに手をかけてしまうわけですが、幸せそうに見える人々の誰もが心に闇を抱えている点も、身につまされました。生きるって、そういうことだよね。ともすると自分だけがつらい立場にあるように思ってしまいがちだけど、悩みの種は人それぞれで、それとどう向き合っていくのかが大事なんだな、と。

ジュリエットには支えとなる妹がいて、少ないけれど彼女を想ってくれる人が周囲にいる。でもたとえば途中で姿を消してしまうおまわりさんには、ジュリエット以外に心を許せる人がいなかったようで、そういう種類の孤独もあるなと思うとつらいかも。

いっぱい涙が出るので、観終わったあとはなんだかスッキリ。このところ、自分の気持ちを持て余している私にとっては、心地よい映画だったな。
posted by ちー at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141602320
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。