2010年04月14日

『しあわせの隠れ場所』

The Brind Side

サンドラ・ブロックが第82回アカデミー賞で主演女優賞を獲った作品。おどおどした表情の黒人青年が気になって、受賞前から観たかった映画だが、まさか実話に基づく話だったとは。

モデルとなったマイケル・オアーは現在も現役のNFLスター選手とのことで、映画の最後にはホンモノの彼と家族が登場していた。

元気で威勢のいい女性を好演したサンドラ・ブロックは、まさにハマリ役だと思う。テキパキと物事を決めていって、なんでも自分の思い通りにしてしまう。小気味良かった。ちょっと“お涙ちょうだい”系のシリアスな物語を想像していたけれど、ユーモアもあり楽しい映画でした。
posted by ちー at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。