2010年04月14日

『第9地区』

district9

どくだねで小倉智明が面白かったと絶賛していて、つい観る気に。これは面白かった!なにしろ南アフリカ・ヨハネスブルグが舞台の南ア映画で、登場する俳優さんは誰も知らなくて、おまけにエイリアンが登場する色モノ臭さ、怪しさ満点なのに、観始めたらグイグイ引き込まれてしまった、すごい。

難民として保護したエイリアンを、居住区の第9地区から住民と離れた第10地区に移送する計画が持ち上がり、その指揮をとることになったヴィカス(シャルト・コプリー)。計画の実行中にアクシデントに見舞われ、自身がエイリアン化して世界中から追われる立場に。平凡で小心者で、自分のことしか考えない小市民のヴィカスが、最後には英雄になっていく。

映画には脚本はなく、設定や物語を教えられて、アドリブで演技していく方法で撮影されたそう。この小市民ヴィカスを、シャルト・コプリーが見事に演じていて、彼と一緒に恐れ、怒り、悲しむという具合に感情移入させられていく。

よく戦隊モノで登場してくるようなキショいエイリアンは、はじめは「なんじゃこりゃ」なのだけれど、実は人間よりもはるかに優れた文明を持っていて、精神的にも無為に殺傷を行わないのか、大量の武器を持っていても人間に向けることをしない。なにしに地球にきたのかも謎だし、猫缶求めて暴れたりする彼らは醜悪なのだけど、それを排除しようとする人間はさらに醜悪な感じで、でもこれって、世界中で行われている“人の行い”そのものだなと感じて、いろいろなことを考えさせられます。必見です。
posted by ちー at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146518717
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。