2007年06月15日

『エリン・ブロコビッチ』

エリン・ブロコビッチエリン・ブロコビッチ
ジュリア・ロバーツ スティーヴン・ソダーバーグ アルバート・フィニー

by G-Tools


監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:ジュリア・ロバーツ, アルバート・フィニー

子持ちのシングルマザーが、押しかけで仕事を始めた弁護士事務所で見つけた資料から、大企業が汚染物質を垂れ流していた事実を突き止め、巨額の和解金を得る物語。実話だそうで、この映画でジュリア・ロバーツはアカデミー賞主演女優賞を受賞しています。なにしろ、小気味のいい映画でした。ジュリア・ロバーツが演じるシングルマザーは、離婚暦2回で3人の子持ち。黙っていればすぐにもナンパされそうな美人なのに、自分が「NO」と思ったことは、誰はばかることなくまくし立てる、強烈なキャラクターです。でもそれが痛快。苦労している分、人の痛みにも親身に共感できる能力があって、またすごいバイタリティ。調査への協力を得るのは大変だがどうする、と問われ、平然と「オッパイ作戦よ」と言ってのける大胆さと、原告として集めた被害者約600人の1軒1軒を訪ねてまわり、話に耳を傾ける地道さ。何よりも、彼女が強いというのが、魅力なんだと思う。

ソダーバーグ監督は、「オーシャンズ11」シリーズを撮ってる人か。なるほど。
posted by ちー at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。