2008年01月12日

『アフター・ウェディング』

『アフター・ウェディング』公式サイト
監督:スサンネ・ビア
出演:マッツ・ミケルセン、ロルフ・ラッセゴート
   シセ・バベット・クヌッセン、スティーネ・フィッシャー・クリステンセン

予告を見て、絶対に見たくなってみてきました。デンマーク映画。
インドで人道支援の孤児院を営む主人公ヤコブ(マッツ・ミケルセン)が、母国デンマークの実業家ヨルゲン(ロルフ・ラッセゴート)から巨額の寄付金の申し出を受け、帰国します。ヨルゲンの娘の結婚式に招待された彼が出会ったのは、かつての恋人でヨルゲンの妻であるヘレネ。そして結婚する娘アナは、実はヤコブとヘレネの間に生まれた娘だと知らされて、ヤコブ、ヘレネ、アナとヨルゲンの人間模様が描かれていきます。

あらすじを書くとなんだか下世話なハナシになっちゃうけど、出てくる人はみんな“いい人”で、下世話になっていないところがスゴイかも。新婚10日もしないうちに元カノを家に連れ込んでるアナの夫でさえ、その心の奥の揺れる気持ちが汲み取れて大バカ者だけど悪人には見えないという、人物の描き方の優しい演出。

圧倒的にすごいのがヨルゲンの人となりです。もうすぐ死ぬことが分かっている彼が、残していく家族を想い、ヤコブを呼び寄せたりしているわけですが、死への恐怖をひた隠して去っていくための準備をするさまは、壮絶だし偉すぎ。実際にはあんなふうに死と向き合うのは難しいんじゃないかな、私ならもっと取り乱すし自暴自棄になるし自分が可哀想になってワガママになりそう。…そうか、自分のことばっかり考えてるからか。人のことを真剣に考えてる人は、死に直面しても残していく人達のために何ができるかを冷静に考えられるのかも。

ストーリーを頭の中でまとめなおしてみると、たいした感動話でもないし、つじつまの合わない偶然とか「そりゃヘンでしょう」というツッコミどころ満載なのだけど、役者さんもすばらしかったし、映画を見終わったあとの気持ちはとっても爽やかで暖かかった。印象に残るいい映画でした。

同時公開される「ある愛の風景」も見に行く予定。楽しみです。

◆◇◆
主演のマッツ・ミケルセンと、娘役を演じたスタイン・フィッシャー・クリステンセンの写真はコチラ↓。

posted by ちー at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。