2008年01月19日

『マイ・ハート,マイ・ラブ』

マイ・ハート,マイ・ラブマイ・ハート,マイ・ラブ
アンジェリーナ・ジョリー ショーン・コネリー ウィラード・キャロル

by G-Tools


監督:ウィラード・キャロル
出演:ショーン・コネリー、マデリーン・ストー、アンジェリーナ・ジョリー、
   ライアン・フィリップ、ジリアン・アンダーソン、アンソニー・エドワーズほか

私はテレビで放映される映画で気になるものがあると、HDDに録画して観ています。これもNHK衛星映画劇場でやってたのを録画したまま、ずっとほったらかしにしてたヤツ。今日、やっと観ました。

結婚40周年のカップルと、夫婦仲が冷えて妻は不倫に、夫は演技の勉強に忙しいカップル、最初の夫がゲイだったと分かって離婚して以来、恋愛に臆病になっている女、傷ついた青年と恋に落ちる娘、末期エイズで死の床にある男とその母親。バラバラの登場人物たちのそれぞれの物語が、オムニバス映画みたいに描かれて映画が進みます。そして最後に、その登場人物たちが同じ画面の中で踊るシーンで終わるという、なんとなくそれがホッと優しい感じの映画です。

X-FILEシリーズのジリアン・アンダーソンとか、ERシリーズでグリーン先生をやってたアンソニー・エドワードとか、見知った顔が出ていて楽しかった。なんといっても、カクテルをぐいぐい飲みながらベラベラとよくしゃべる女の子を演じてたアンジェリーナ・ジョリーがすごい可愛い。2000年の製作だから、注目され始めた頃かな。どこかにナスターシャ・キンスキーも友情出演でちょこっと顔を出していたらしいんだけど、気がつかなかったので、あとでもっかい確認してみようと思います。

最初にも書いたけど、これってNHK衛星映画劇場を録画したのを見たんだけど、衛星映画劇場って最後に出演者を日本語で紹介する画面があるでしょ。映画のクレジットでは、ショーン・コネリーとかに続いてジリアン・アンダーソンだったんだけど、テレビの日本語紹介ではソーン・コネリーとジーナ・ローランズ(たぶん)と、マデリン・ストーだったな。アンジェリーナ・ジョリーでもジリアン・アンダーソンでもなく。なんでだろ。
posted by ちー at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。