2008年05月26日

ことばの食卓:武田百合子

ことばの食卓 (ちくま文庫)ことばの食卓 (ちくま文庫)
武田 百合子 野中 ユリ

by G-Tools


Village Vanguardという雑貨屋のような本屋さんがあって、わりと偏った本の品揃えが面白くて気に入っています。そこで見つけた本。

武田百合子さんというのは、小説家の武田泰淳の奥さんで、後年はエッセイストとして活躍された方だそうです。武田泰淳氏の小説も読んだことがないし、百合子さんのお名前も店頭ではじめて目にしたわけですが、この本の最初の「枇杷」という作品をちらちらと立ち読みしたら、もう欲しくなってしまいました。

病人で歯も失っていたダンナさんが枇杷をおいしそうに食べたときのエピソードを綴ったもので、それがとても艶かしくて、その食卓に一緒に座って眺めている気分になります。

野中ユリという人の画も、なかなか目を引きます。澁澤龍彦本の画なんかも描いていた人らしいですが、なるほど。ひきつけられる画風で、文章と重なって印象的。川上未映子さんもファンなんですね、知らなかった、へー。
posted by ちー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。