2008年06月01日

袋小路の男:絲山秋子

袋小路の男袋小路の男
絲山 秋子

by G-Tools


絲山 秋子さんのことは、何かの賞を受賞されたときの新聞の書評を読んで、いつか読みたいと思っていた人。エッセイを借りてきた時には挫折して読みきれなかったのだけど、「袋小路の男」はすごく面白かった。袋小路の家に住む男を好きになって、プラトニックな関係のまま、自分がその男にとってどういう存在なのかと思いながら、呼ばれるといそいそと出かけていく、別の男と付き合っても、結局は袋小路の男に気持ちが戻っていく、そういう話。人を好きになることの真髄みたいな物語で、いいなあこういうの。サバサバとした文体もいい感じ。リズミカルなのかな。新宿が何度か出てくるところも懐かしくてうれしくなりました。一緒に収録されている「アーリオ オーリオ」もなかなか。スパゲッティが食べたくなります。ちなみに、袋小路の男は川端康成文学賞を受賞しているそうです。
posted by ちー at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。