2010年02月03日

闇の守り人:上橋菜穂子

闇の守り人 (新潮文庫)闇の守り人 (新潮文庫)

by G-Tools


『精霊の守り人』に続く守り人シリーズ第2弾。2009年10月ごろにワクテカで読みました。
『精霊の守り人』で、すっかり主人公・バルサのファンになった私は、彼女の生い立ちと人生を巡るこの話は、かなりお気に入りです。強いということはどういうことか、しみじみと味わって読みました。身も心も弱い私は、今からでも強くなれるだろうかなんて思ったり。
posted by ちー at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

精霊の守り人:上橋菜穂子

精霊の守り人 (新潮文庫)精霊の守り人 (新潮文庫)

by G-Tools


『獣の奏者エリン』が面白いと聞いて、上橋菜穂子の著書を読んでみることに。これは守り人シリーズの1冊目。女用心棒のバルサが暗殺されそうになった皇太子チャグムを助けるところから物語が始まります。
こんなにワクワク本を読んだのは何年ぶりだろう。手に汗握るアクションシーンや想像上の生き物たちの息遣い。ハラハラさせるストーリー展開。幸せな読書時間をありがとうと言いたいです。
posted by ちー at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

『今度は愛妻家』

今度は愛妻家

行定勲監督、薬師丸ひろ子・豊川悦司主演。
夫婦の物語。まさかの結末とか噂になっていたので、
映画観始めてからすぐに、結末が分かってしまった…。
でも、薬師丸ひろ子がひたすらかわいくて、
豊川悦司のダメっぷりがカッコよくて、良い映画でした。
泣かせようとするその手には乗らないぞと思っていたけど
やっぱり少し泣かされたし。
うちの場合は、あんなふうに言ってはくれないだろうな
と想像できてしまうのが、なんとも寂しかったな。
脇で出ていた石橋蓮司の怪演は強烈。
あんな人、身近にいたら楽しそう。お店に入り浸るかも。
あと若手でがんばってる濱田岳クンもよかった。
いつも「いいひと」な濱田クン、役柄が固定化しているのが
ちょっと気になるなあ。思いっきり踏み外した役とか
やらせてみたらいいのに。
posted by ちー at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『すべては海になる』

すべては海になる

山田あかねという人の脚本・監督作品。
柳楽優弥主演ということで、観てきた。
サトエリと要潤がよかったけど、柳楽くんはイマイチだったかも。
存在感はあるんだけど…。
この監督さん、柳楽クンのファンだそうで、
どうも『誰も知らない』にインスパイアされすぎというか、
あんなふうに撮りたかったんだな、というのがみえみえで。
彼ももう大人なんだし、違う映画なんだし、
同じ雰囲気を望むのはちょっとかわいそうだと思った。

そうそう。吉高由里子も出てたんだけど、
かなり存在感もあってよかったんだけど、
彼女を登場させる意味が全然わからなかった。
posted by ちー at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

土岐麻子がユニクロのCMに!

仕事の関係で調べ物をしていて、うれしいニュースを発見しました。
土岐麻子さんが、ユニクロのCMに出演し、歌うとのこと。

土岐麻子、新曲は本人出演の「ユニクロ」CMソング(ナタリー)

土岐麻子さんの声って大好き(^^)
オンエアは10月15日からだそうですが、ユニクロのサイトで見られます。ここにもはっつけちゃいます。

posted by ちー at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

インストール:綿矢りさ

インストールインストール
綿矢 りさ

by G-Tools


蛇にピアス」と同時に芥川賞を受賞した綿矢りささんの、これはデビュー作。高校在学中に書き上げたこの本は、4人の審査員から大絶賛を受けて満場一致で文藝賞を受賞したそう。

ある日不登校になることを決意した17歳の女子高生が、小学生の男の子に誘われるまま、学校に行かない日中、男の子の部屋で風俗嬢になりすましてチャットのアルバイトをする、というストーリーです。

最初、読むのに苦労しました。なんか頭に入ってこない文体で。休憩いれながら読了しました。途中からは文体に慣れて、さらさらっと読めたけど。

いい意味でも悪い意味でも、若いなあという印象です。正直、大絶賛されるほどかなあ、とも思いましたが、きちんとまとまっているし、読んで日が経っているけど内容もちゃんと覚えているし、だからやっぱりすごいのかな、と思います。

このあと、「蹴りたい背中」で芥川賞をとっちゃうワケですが、きっと少しこれから苦しいかもなあ、と思ったりします。若いので、いろんなこと経験してがんばってほしいですね。
posted by ちー at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

ひげがあろうがなかろうが:今江祥智

ひげがあろうがなかろうがひげがあろうがなかろうが
今江 祥智
田島 征三
by G-Tools


厚さ5cmもある本。手のとるだけでもワクワク(^^)
パラパラとページを繰りながら流し読みすると、なんだか面白そう!
というわけで、予定外に借りてきた1冊。

私は読むのが遅いので、5cmの厚さの本はさすがに読破に時間がかかったけれど、勢いのある文体とぐんぐん展開する物語と、そしてダイナミックで元気のいい田島征三さんのイラストがステキな1冊でした。

時代小説とも昔話とも思える「ひげがあろうとなかろうと」は、山暮らしの父子の物語。父が子に、生きる術を教えていくやり方が、誠実で大人でカッコいい。自分はこんな風には子育てをしてこなかったなあ。最後はちょっと、苦い終わり方だけれど、それもまたよし。

同時収録されている「ひげのあるおやじたち」は、1970年に単行本としていったんは刊行され、人気で増刷もされたのに、一部差別的表現があるとのことで廃刊・絶版になっていたのだそう。「ちびくろさんぼ」みたい…。でも、そう文句をつけた組織の出版社からこうやって再刊行されることになったということは、誤解が解けたってこと、かな。一度葬られてしまった悔しさは、挿絵を描いた田島征三さんの日記ににじんでいました。さて、こちらは勧善懲悪風な痛快活劇。こっそりと能力を隠している人とか、下々の民衆が活躍するハナシって、「次はどうなるんだろう」とワクワク。

そのズンズン読ませる文章に、今江祥智さんってどんな人かなーと思っていたら、大好きな絵本「ぼちぼちいこか」の翻訳をした人だったとは!もっとこの人の本、読んでみよう。
posted by ちー at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

風花:川上弘美

風花風花
川上 弘美

by G-Tools


本屋さんで立ち読みして即買い。身につまされる内容で、どきどきわくわく。

夫に恋人がいることを知らされて、離婚するべきかどうか、心を乱されながら少しずつ自分を取り戻し、決断する女性の話です。同じ経験をしたので、苦くて痛い気持ちを持ちながらも読まずにいられない、そんな本でした。

それにしても。男は誰でも浮気するとか、よく聞くけれど、実際に自分の周りでダンナの浮気や女遊びが元でギクシャクしたりもめてる夫婦って、知らないなあ。私なんて、2回結婚して2回とも同じ経験してるのに。浮気しやすいタイプなのかな--;

主人公が家を出てアパートに引っ越してからの、小気味のいいこと。たぶん、また読むことでしょう。
posted by ちー at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

てのひらの迷路:石田衣良

てのひらの迷路てのひらの迷路
石田 衣良

by G-Tools


石田衣良さんも、気になっていた作家のひとり。テレビのコメンテーターなんかもよくやっていて、つかみどころのないしゃべり方が面白い人だなあ、と。

教育テレビで、作家が作品を作るまでを記録するという45分くらいの番組で石田衣良さんを取材しているのがありました。読んだら自殺をやめたくなるような物語、というのが与えられたテーマで、無作為に本の中から選んだ3つの言葉をキーワードとして使う、というのが条件。石田さんは、スケッチブックのような紙に思いついたことをフローチャートを書くようにサラサラと書き込んでいって、短時間で物語のプロットをまとめてしまいました。そのプロットに従って、集中的に短時間で物語をまとめあげていく姿は、なかなか興味深いものがありました。

「どの作品」と決めていたわけではないけど、たまたま図書館に残っていた石田さんの作品がこの「てのひらの迷路」だけだったので、これが私の“初石田”です。どこかのPR誌に連載したのをまとめた本で、原稿用紙10枚程度の短編を集めたもの。それぞれの短編の前に、石田さんのプチ解説も掲載されていて、どういうシチュエーションで書いたかとか、なにを思って書いたか、などが説明されています。それを読みながら本編を読むと、石田さんが物語をつむいでいくさまが想像されて楽しかったです。

テレビで「すばらしいですねえ」なんてコメントしている声のトーンで読み終えました。面白い人だなあ。もう少し、いろいろと読んでみることにします。
posted by ちー at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

蛇にピアス:金原ひとみ

蛇にピアス蛇にピアス
金原 ひとみ

by G-Tools


デビュー作のこの作品で、20歳で芥川賞を受賞してしまった金原ひとみさん。舌にピアスを入れたり背中に刺青を入れたりして、過激な性描写もあることが報道されて、読みたいような読みたくないような。そう思っていつも本棚を横目でチラチラしていたのですが、機が熟したので読みました。

最初は斜めから見下ろすような感じで読んでいたのが、途中から引き込まれて一気に読破。なるほど。なかなかグロテスクな物語。現代がグロってことか。救いがないような、それでも生は終わらないんだな。つらい中に強さのある小説でした。

そのあと、金原ひとみさんのインタビュー記事なんかを読んでいて知ったこと。彼女はあの金原瑞人さんのお嬢さんだったのです!なにが衝撃的って、この事実が一番です。涙でそうになりました、理由はよくわからないけど。感動でもないしショックでもないし、なんでだろう。そうかー金原瑞人さんのお嬢さんかー。

そうそう、この作品、蜷川幸雄監督で映画化されます。今撮影中?秋ごろ公開じゃないかな。肉体改造とか暴力とか、そういうのばっかりじゃなくて、きちんと内面を描写できるのかな、見てみたいような、観たくないような…。
posted by ちー at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。